FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神力

2009年03月06日 11:20

落ちました!

不吉な文頭でごめんなさい。
これから剛核波豹の方ごめんなさい。
俺が落ちた分、貴方に幸せが訪れますように。

正直、初めから一縷の期待も懸けていなかったので
傷は浅いです。帰りの電車に乗った時にはもうどうでもよくなっていました。
会った友人の殆どが合格していたのが俺を複雑な気持ちにさせますが、
落ちた奴と傷の舐め合いするよりは一言「おめでとう」と言ってやれる方が気は楽です。

内申点30ってのが引っ掛かったのかなぁ…

今気付きましたが、俺は不合格者の中の不合格者ですね。
私立、県立、国立と3拍子で落ちました。
不合格オブ不合格。

これで多少は打たれ強くなったかな。

結構不合格慣れできたかもしれませんね。
前にも言いましたが、教訓として高校でまた頑張ればいいんです。

実を言うと落ちた県立よりも受かった私立の方が大学合格の実績が良いという。
負け惜しみです。


では、受験というと書くこともないので




 「FINAL EXAM~呪剣戦争~」 プロローグ

西暦200x年、世は一見、平和であった

しかし、中学3年生の子供達は、日夜ペンを片手に戦っていた―


この世の影に蔓延る、黒い影―

恐るべき魔王軍、通称”ハイ・ス・クール”

この平和の島国JAPANでは、15歳を迎えることになる子供達が
一人前として認められるために、とある試練を課せられていた

”呪剣”

それは、己との戦いであり、他者との戦いでもある。


GIM教育と呼ばれる9年間の集団教育の課程において、
自分の努力の成果が最も浮き彫りになるのがこの”呪剣”である。

これを楽観視してしまうことは、将来の破滅に繋がる。
しかし、この国は腐っていた

子供達はこの国の、豊かさという名の泥沼に浸かりきっていたのである


そう、戦いは3年前、既に始まっていた―

彼の者は対呪剣用の支援者が集う、”JUKU”に通い詰め

彼の者は”TSU-SHIN”教育なるものに対呪剣の支援を受け

GIM教育の課す”帝鬼テスト”や、

各エリア毎に定期的に行われる”最志”を淡々と潜り抜け、経験値を積んでいた―


今日も、どこかで誰かが”MEN-刹”や”入死”と戦っている

今日も、どこかで誰かが魔王の繰り出す”剛核波豹”に砕け散っている


そして世界は何事も無かったかのように廻り続ける―




FINAL EXAM~呪剣戦争~

メーカー:未定

開発:未定

乞うご期待!



スポンサーサイト


コメント

  1. 凡人スライム | URL | -

    Re: 精神力

    ぁ、また来させてもらいました、凡人スライムです。

    ぇと、受験のほうは。。。ドンマイです...
    まぁそんな意味合いもこめて、まずはランクリ<ポチッ

    俺は、自分のレベルよりも少し下の高校を受けたので、
    一応「呪剣戦争」には勝つことができましたが、
    ぅーん。。。 俺も国立受けたかったな...という心残りが...

    しかし、公立はその高校相当レベルの進路指導しかしませんが、
    私立は独自のカリキュラムとかで、自分の力をより伸ばせますし、
    また良いのかと...(偏差値40から東大でることもありますしね)

    では、今回はこれくらぃで。 それでは、、、ノシ、、、

  2. とうせき | URL | Gel/0dxs

    Re: 精神力

    また来て下さったんですね。ランクリも有難う御座います。
    それと、
    わざわざお労りのお言葉、有難う御座います。

    確かに私学には良い面もたくさんありますし、
    親としても俺を私立に通わせたかったみたいで
    最悪の結果、という訳でもなさそうです。

    重要なのは今後、という訳ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokyutoseki.blog24.fc2.com/tb.php/234-60a42388
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。