FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの季節

2009年03月10日 23:55

俺は分かれの季節でもあると思っています。

今週の土曜日に卒業式。
それ以降は親しい友達を除いて殆どの同級生と生涯無縁の生活を送ることになります。
高校にも数人同中学校からの進学者はいますが、高校内の科が違うし、広い高校なので
気にする程度ではないし、友達と放課後遊び呆けていられる雰囲気の学校でも無いので、
自分の高校生活をどうういうものにしようか今考えています。

まずは部活。
入るのか入らないのか、入るとしたら何部なのか。
人間関係も成績もこれによってかなり変わってくるんですよね。
どの部活に入るにしても、環境としてはこれ以上にないくらい整っている学校なのですが、
同時に大学進学に対する意識もかなり高いので
やりようによってはかなりハードな生活にもなり得る。

正直、中学校進学の時と違って雰囲気が全く想像できないし、
何か困ってからでも考えるのは遅くないと思うので
今はやりたいことやっておけばいいや、と思っているうちが幸せです。

ちなみに高校から課された宿題は結構多いです。

問題を解くだけの小冊子数冊と、作文。

明治から昭和にかけての小説もしくは評論を一冊読んで原稿用紙2枚以上だとさ。

問題集は面倒臭い。写せる答えが一緒になっていないのが面倒臭い。

作文は2枚程度なら苦でもない、むしろ何枚も超過しそうな気がするけど、
読む本を選び間違えると大変つまらない作業になってしまいそうなのが怖い。

どなたか少し古い小説か評論で面白い本をご存じの方はいませんか。




今の今楽しいことばかりを書いていたので
たまは先のことを考えて溜息つくことも必要かと思って。



ネット上では何年経っても環境があまり変わらないのが幸いというか、
親しい友達とはPC点けていれば毎日会えるみたいな感覚があるお陰で
3年間なんて短いものさ、と今から考えているどうしようもない俺ですが、
PCをここまで自由に毎日使える15歳は果たして本当に幸せなのかどうかと
PCを持っていなかった大人達を見て思いますね。

まぁ、PCとか携帯電話が無かったらって考えたら、
中学校に上がる時と同じで、
新しい友達作らなくてはと焦りますね。学校に縋る思いですね。

子供がPCを持って周囲の人と関係が希薄になるって騒がれるのは、
PCを持つことによって新しい出会いが無くなるということとほぼ同じではないでしょうか。

個人の性格にもよりますけど、
現実にショックな出来事があってネット世界に逃げ込むのとは違いますからねぇ。

今ある人間関係の、保っておきたい部分だけ上手く保ち、
表で知らない人とも上手く付き合う。




昔よりも今の子供の方が難しいことしてるんじゃない?
スポンサーサイト


コメント

  1. wing | URL | -

    Re: 別れの季節

    小説ですか?
    そうですね~うーん、
    やっぱり王道は芥川龍之介の「羅生門」
    ですかね~
    もしくは、夏目漱石の「我輩は猫である」
    「草枕」「坊っちゃん」などです。
    あと、森鴎外の「高瀬舟」「魔睡」
    このぐらいですかね

    あ!昭和じゃないですけど
    京極夏彦の「姑獲鳥の夏」もおススメです!

  2. とうせき | URL | Gel/0dxs

    Re: 別れの季節

    読書家ですねぇ…それとも俺が本を知らなすぎるのか

    ありがとうございます。とても参考になります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokyutoseki.blog24.fc2.com/tb.php/241-c981671b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。